勉強をしました。懸かり・掛かりとは紙や袖などが垂れかかっていること、蹴鞠の庭、またそのまわりに植えた木、構え、つくり、関係、かかわり、担当、頼ること、頼りとするもの、費用、経費、きっかけ、手がかり、能で風情や雅趣、連歌でことばの調子という意味です。篝とは篝火を燃やす鉄製のかごのことです。掛かり人とは他人を頼って暮らす人のことです。掛かり所とは頼りとするところという意味です。掛かり端とは長い髪が垂れかかったようすのことです。掛かり船とは停泊している船のことです。掛かり湯とは風呂から上がるとき、身を清めるためにかける湯、上がり湯という意味です。懸かる・掛かるとは何かを支えにする、頼みにする、世話になる、停泊する、高い所に掲げられる、日や月が空にある、他の物にかぶさる、注ぐ、情愛・恩恵などが及ぶ、事物が一方から他方へ渡される、つながりをもつようになる、関係をもつ、取り扱われる、集中して行う、専心するという意味です。http://www.julesbianchisociety.org/